アセットマネジメント

「アルファ」を追求するアクティブ運用戦略と「ベータ」を追求するパッシブ運用戦略の二極化が続く市場において、先進的なアセット・マネジメント・ソフトウェアは、あらゆる規模の金融機関が資産管理業務を強化し、増加する課題に適切に対応できるように支援します。手数料が圧迫され複雑さが増す中で、投資家はこれまで以上に高い水準のサービスと透明性を求めているため、堅牢なアセット・マネジメント・ソフトウェアの重要性が一層高まっています。

アセット・マネジメント・ソフトウェアの課題: コスト、コンプライアンス、複雑さ

「ベータ」を追求する運用戦略が低水準の手数料を特徴とする汎用的な投資商品に軸足を移すのに伴い、アセット・マネジャー(資産運用管理会社)は、業務効率を改善し、スケールメリットを実現し、ランニング・コストを抑制する手段として、アセット・マネジメント・ソフトウェアへの関心を高めています。

規制による負担の増大も事業経営のコストを押し上げる恐れがあります。アセット・マネジメント・ソフトウェアは、業務を透明性のより高い形で把握する能力を提供することで、より効率的かつ高い費用対効果で規制要件を遵守することに貢献します。同時に、強力なレポーティング機能は、ポートフォリオに対する詳細な知見を提供することで、最もアクティブな投資家の要求にも応えることができます。

投資戦略が一段と高度化した結果、たとえば、デリバティブを従来以上に広範に活用する債務主導型の資産運用委託が増加しています。そうした中で、先進的な投資管理ソフトウェアを導入することで、アセット・マネジャーは最も複雑な金融商品でも適切に取り扱うことができる態勢を整えることができます。

サンガードの幅広いアセット・マネジメント・ソフトウェア・ソリューションは、アセット・マネジャーがコスト、コンプライアンス、複雑さという課題に対応するのを支援します。

Read more (英語のグローバルサイトへジャンプします。)