担保管理

金融危機後の規制改革により、先進的な担保管理の必要性が急激に高まっています。バーゼルIIIの自己資本および流動性に関する規制の枠組みと、店頭取引(OTC)デリバティブ市場の改革(ドッド・フランク法、EMIRなど)を並行して導入・実施することが、担保の大幅な逼迫を引き起こしているからです。

標準化されたデリバティブは、中央の機関を通じて集中的に清算するように定められ、集中清算されないデリバティブに対してはより高い資本コストと厳しい証拠金要件が適用されることになりました。証拠金要件の大幅な増加だけでなく、無担保マネーマーケットの枯渇に加えて、銀行が流動性カバレッジ比率(LCR)を満たすために十分な流動資産バッファーを保持するように求めるバーゼルIIIの要件によって、高クオリティの証券に対する需要はさらに高まっています。

サンガードは、企業全体の担保管理と最適化のための革新的なテクノロジー・ソリューションを提供しています。サンガードのApex Collateralソリューションは、金融機関が担保資産を最大限に有効利用し、増大し続ける担保付取引のボリュームと複雑さに対応するお手伝いをします。

サンガードは、以下の方法によって、投資銀行、ブローカー・ディーラー、アセット・マネジャー、清算機関、カストディアン、保険会社など、幅広い金融機関が、担保付取引ビジネスで競争優位を維持できるように支援しています。

  • 担保の管理、取引、最適化を単一のプラットフォーム上で単一のプロフィットセンターに集中化する
  • さまざまな要件に対する担保の配分を最適化することで、担保調達コストを低減する
  • 担保の不稼動を回避し、先を見越した積極的な担保取引を通じて収益を改善する
  • OTC市場の規制改革を遵守し、集中清算される相対取引の証拠金管理プロセスを処理する
  • 多様な商品にわたる担保管理業務の自動化を通じて、業務の効率化を達成する

Read more (英語のグローバルサイトへジャンプします。)