コンプライアンス & 税務

急激な規制改革の実施によって、コンプライアンスはあらゆる企業の最優先課題となっています。ドッド・フランク法、欧州市場インフラ規制(EMIR)、バーゼルIII、欧州証券市場監督機構(ESMA)、総合監査証跡(CAT)、およびトレード・サーベイランスなど、例を挙げたら枚挙に暇がありません。こうした大量の規制により、すべてのコンプライアンスの結果を監督することが難しくなっています。企業は、地域や規制ごとにまったく異なるデータやプロセスの集合を管理しながら、世界中の事業拠点で規制を遵守する必要があります。このことは、最新の法案や規制に関する情報収集や対応にますます多くの時間を費やす必要があり、システムやプロセスが新しい要件に適合するように(多くの場合、規制当局が課す非常に厳しい期限までに)更新する必要があることを意味します。

しかし、コンプライアンスが問答無用の義務であるとしても、本来ならば顧客や市場への対応力の改善やビジネス・イノベーションの推進に活用すべき貴重なリソースを投入しなければならないことも確かです。どうすれば、最新の規則・規制等に遅れずについていき、費用対効果の高い形で(予算を成長のための投資に振り向けられるように)コンプライアンスを維持することができるでしょうか?

多くの企業は、簡素化されたワークフローと自動化されたソリューションへの移行を進めており、ビジネスを包括的に把握する能力を維持できるような統合性を実現しようとしています。サンガードでは、数十年の経験を活かして、企業がコンプライアンスの管理に必要なリソースの負担軽減ができるように支援しています。コンサルティングの専門知識と、規制の変化に応じて容易に修正できる柔軟なソリューション・スイートの組み合わせを通じて、サンガードは業務効率と規制に係る透明性を高めながら、コンプライアンスの確保と総所有コスト(TCO)の低減を支援することができます。

Read more (英語のグローバルサイトへジャンプします。)