エネルギー取引

エネルギー企業200社がサンガードのAligneをエネルギー取引、リスク管理、および業務管理に活用

エネルギー市場では日々競争が激化しています。限りある化石燃料に対する新興経済圏の需要はますます大きな割合を占めるようになり、環境問題が生産活動に課す制約は拡大の一途をたどり、規制当局はよりいっそうの透明性、説明責任、そして市場開放性を要求しています。そして、テクノロジーは競争優位を生み出す差別化要因となっています。

業務を合理化し、リスクを集約化してタイムリーに掌握し、優れた意思決定を支援する情報に容易にアクセスできることが必要不可欠です。このような課題を解決する手段として、サンガードは、設定の自由度と柔軟性に優れ、コンポーネント化された包括的なエネルギー取引&リスク管理(ETRM)プラットフォームを提供しています。

Aligneは、エネルギー取引、リスク管理と統制、信用リスク管理、資産最適化、燃料管理、電力事業、ガス事業、排出量規制遵守、バックオフィス業務、そして財務・資金管理業務を、高度なデータ分析機能を備えた単一のプラットフォームに統合します。