リコンサイル・ソフトウェア

今日の金融機関は、増加する規制を遵守し、処理の透明性のレベルを高め、同時に業務コストを引き下げなければならない、という圧力に晒されています。現在、キャッシュのリコンサイルとデリバティブ取引のリコンサイルがミドル/バックオフィス・プロセスに占める比重がますます拡大し続ける中で、銀行とブローカー(証券会社)は、そうした目標を達成する手段としてリコンサイル・ソフトウェアへの関心をますます高めています。

サンガードのIntelliMatch Operational Controlは、先進的なリコンサイル・ソリューションを通じて、銀行やブローカーなどの金融機関が、それぞれの中核ビジネスを支える会計、トレーディング、商取引活動、リコンサイル業務をより適切に管理しながら、関連するコストとリスクを最小限に抑えることができるように支援します。IntelliMatch Operational Controlは、リコンサイル・ソフトウェア・ソリューションのスイートであり、企業規模のリコンサイル、ノストロ勘定のリコンサイル、コンファメーション・マッチング(約定データ照合)、ATMのリコンサイル、デリバティブのリコンサイル、支払調査、そして例外管理のソフトウェアのほか、ビジネス・インテリジェンスおよびワークフロー・ソリューションを組み込んでいます。

リコンサイル・ソフトウェアによって、高い業務成熟度を達成し、市場の変化を管理する

業務プロセスに占めるキャッシュのリコンサイルの比重が高まるにつれて、金融機関は、規制遵守を達成し、エンドツーエンドの透明性を向上させ、業務コストを低減する手段として、リコンサイル・ソフトウェアへの関心を強めています。企業規模リコンサイル戦略を強化することで、組織は、高い業務成熟度を実現し、コアビジネス活動をより効果的にサポートしながら、関連するコストとリスクを最小限に抑えることが可能になります。

規制の拡大、急速に変化するインフラストラクチャ、そして、他のアセットクラスからデリバティブ市場への流動性の移動が、この部門に大規模な変革を引き起こしています。ブローカーが、大量の複雑なデリバティブ・リコンサイル処理を、縮小し続ける時間枠内で完了させようと奮闘し、また担保要件の増大と手数料の減少に直面しながら収益を維持しようと努力する中で、先進的なデリバティブ・リコンサイル・ソフトウェアは、デリバティブ市場の変化により適切に対処する一助となります。

Read more (英語のグローバルサイトへジャンプします。)